最新ニュース

210
THE NINJA DAY

THE NINJA DAY

13
222の奇跡的な電子配列により、2017年のニンジャスレイヤー222コンが幕を開けたのだった(2月末まで開催中!)

222の奇跡的な電子配列により、2017年のニンジャスレイヤー222コンが幕を開けたのだった(2月末まで開催中!)

noteで開催! 期間は2月22日から2月28日23:59まで 2月22日のニンジャの日を祝うため、ニンジャヘッズは2015年から「#ニンジャスレイヤー222」と呼ばれるDIYイベントを自主開催してきました。そして今年から #ニンジャスレイヤー222 は、Twitterからnoteへとその開催プラットフォームを移転します。これにより、これまで長文投稿が難しいなどの理由からエントリー対象外となっていた文章による創作物、あるいは感想文などでの参加も可能となりました! また今年は

3
【NEWS】🌸 Sakura Enhancement! 🌸

【NEWS】🌸 Sakura Enhancement! 🌸

8
【感想】ダメージド・グッズ

【感想】ダメージド・グッズ

ニンジャスレイヤー第4部エピソード『ダメージド・グッズ』が昨晩完結したので、感想を書いておきます。4部エピのまとまった感想をブログなりnoteなりに書くのは初めてですね。個人的にとても響く話でしたので、書かずにはいられないというか。 「マイノリティ」の物語 自我に目覚めたオイランドロイド――「ウキヨ」と彼らを取り巻く問題を、本編で初めて本格的に扱った作品でした。これに先立って、プラスでは「シャード・オブ・マッポーカリプス(5):ウキヨについて」というテキストが去年の11月

25
2017春発売予定、ニンジャスレイヤー物理書籍最新刊の「ウキヨエ・コン」投稿締め切りまで、あと約1ヶ月!

2017春発売予定、ニンジャスレイヤー物理書籍最新刊の「ウキヨエ・コン」投稿締め切りまで、あと約1ヶ月!

2017年の春発売予定となっている、ニンジャスレイヤー物理書籍最新刊「ロンゲスト・デイ・オブ・アマクダリ(上)」(仮)。社会システムと融合したアマクダリという名の無貌の怪物に追い詰められる、父と息子の戦いの物語、壮絶なる「レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド」の後編が収録! そしていよいよ第3部「不滅のニンジャソウル」編はクライマックスへと突入。ニンジャスレイヤーとアマクダリ・セクトの全面戦争が幕を開ける! 毎回恒例となっているファンアート投稿「ウキヨエ・コン」の締め切

4
S1第1話【トーメント・イーブン・アフター・デス】(試し読み用オープン記事)

S1第1話【トーメント・イーブン・アフター・デス】(試し読み用オープン記事)

「イヤーッ!」  鋭い叫びを発しながら、斜めに傾いた高層ビル廃墟群を飛び渡る影があった。影は赤黒く、不穏に滲む残像を伴っていた。重金属酸性雨を降らせる灰色の空に、黒い稲妻が閃いた。  シャッタード・ランド。この地につけられた名は、白亜化石じみた高層ビルの下にひろがる不毛の地の、巨獣の爪痕のように刻まれた裂け目と轍に由来する。汚染度が極めて高く、住む者のない海抜ゼロ地帯の廃墟だ。  振り返った影の視線の先には黒漆塗りのヘリコプターが2機。彼を追って来ている。「イヤーッ!」

22
ニンジャスレイヤー殺(キルズ)5巻が、本日発売!

ニンジャスレイヤー殺(キルズ)5巻が、本日発売!

ダイダロスとナンシーのIRCコトダマ空間戦闘に決着! そして復讐者の物語は1巻の冒頭部へと円環回帰する!  ニンジャスレイヤーの第3のコミカライズとして「水曜日のシリウス」で連載されていた「ニンジャスレイヤー殺」が最終回を迎えました。最終巻5巻は本日発売です、ぜひ書店で実物をチェックしてみてください! 「キルズ」は少年漫画性や特撮性を重点したシリーズです。講談社「水曜日のシリウス」上での連載。第1部「ネオサイタマ炎上」編にフォーカスしており、時系列設定、キャラ設定、ストー

6
「Stranger Stranger Than Fiction #3」コンプティーク3月号に掲載!

「Stranger Stranger Than Fiction #3」コンプティーク3月号に掲載!

2