灰都ロヅメイグの夜(DHTクラシックス)

17
ノート

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

灰都ロヅメイグの夜:目次

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

灰都ロヅメイグの夜 1:霧と酩酊

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

灰都ロヅメイグの夜 2:我等が故郷

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

灰都ロヅメイグの夜 3:斜陽の剣士達

【承前】  廃屋の二階、ロー・ロクムの鍛錬場は、少なく見積もっても五十人の剣士がその技を...

100

灰都ロヅメイグの夜 5:ゼウドの見る夢

【承前】 「喋る豚の神託亭」の太っちょ主人、ロッコの窯焼きポルツォは絶品だ。八種の秘密の...

100

灰都ロヅメイグの夜 6:竜の舞う夕暮れ

【承前】  不安と焦燥に胸を軋ませながら、跳ね上げ扉を押し開け、秘密の隠し部屋を抜け出し...

100

灰都ロヅメイグの夜 7:月の裏の猫

【承前】  常人ならば卒倒する程のスタウト酒を煽ったゼウドであったが、ものともせず、神託...

100

灰都ロヅメイグの夜 8:猟犬ども

【承前】  ささやかな栄光の日々を、遠く置き去りにしてきた四人。リュガ、精悍な小兵。フォ...

100