第1回逆噴射小説大賞:二次選考通過作品まとめ

255

零点の青春に終止符を!

「津川、お前との長い戦いもここまでだな」 「ぬかせ、まだまだこっからよ橋本」 そういいながら津川の頭はここからどう下手をせず負けるか考えていた。 7回表、255-2。帽子を直すふりをして虚ろな目でプレートを見つめる。 コールドゲームって何点差だったっけ、もうそろそろ差がついて中止にしてくれないだろうか。 きっかけは田中の一言だった。「強豪校がくるから地べたはいつくばらせようぜ!お前ピッチャーで俺キャッチャーな!!」 いつもの話だ、田中は頭がおかしい。だが、「そうい

スキ
3