第1回逆噴射小説大賞:二次選考通過作品まとめ

256
新人は映画見すぎてメンターの俺を困らせる

新人は映画見すぎてメンターの俺を困らせる

「おい待て、何をする気だ」  ジッポを高く掲げて投げようとした新人に、俺はその手首を掴んて止めてやった。 「えっ、駄目なんすか?映画では皆こうやったんすけど……」  昔の俺も同じことをやろうとして、兄貴に止められた。 『アホかおまえ!映画見すぎだ。ジッポはいくら掛かると思ってんだ?』  ああ……兄貴の顔が目に浮かんだ。忘れねえぜ、兄貴。 「ジッポはなぁ、俺らヤクザの……男の象徴だ。軽率に捨ててどうする。百円ライターで親分のタバコに火ィ点けるつもりか?」 「そう言

23