第1回逆噴射小説大賞:二次選考通過作品まとめ

255

ラスティ・ドールズ

……がりがり、ざりざり。がりがり、ざりざり。 自動人形AM-967A”クロナ”は、砂と錆だらけの関節を軋ませ、瓦礫と砂塵の原野を歩んでいた。 「もっとキリキリ歩けや、阿婆擦れめ」 衛星通信を介して野卑た音声が届く。 「ったく、俺なら半日もかかんねえ距離だぞ。直接降りられりゃあな」 なら自分でやればいいだろう。 クロナは怒りを覚えたが、それを表現する罵倒の言語アセットは持ち合わせていない。 だから、黙って歩き続けることにした。 クロナは軌道移民の”漁り屋”にサルベージされて以

スキ
4