第1回逆噴射小説大賞:二次選考通過作品まとめ

256
あらゆる者よ、彼の竜を討て

あらゆる者よ、彼の竜を討て

これは古典的な竜退治の物語だ。 人々が勇気と知恵を合わせ、竜を討つ。 この物語で倒されるべき敵はただ一つ、その竜一匹に過ぎない。 それ以外のあらゆる登場人物は、全てが味方だ。 その竜がいつからいて、どこから来たのか、誰も知らない。 ただ数年に一度その世界を散々に荒らし、再び火の山に籠もる。 あらゆる者よ、彼の竜を討て。彼の竜を討ち果たしたものを、我が王権を継ぐ正当な者とする。 若きハルテが西の王国の玉座についた時、最初に出した布告である。 そして、竜退治が始まった。

スキ
27