マガジンのカバー画像

2017ニンジャソン夏

41
夏のニンジャソンの応募作品を集めたマガジン!エントリー締め切りは8月31日の23:59までです。
運営しているクリエイター

2017年8月の記事一覧

オキナワスゴイリゾートチ

スキ
10

ニンジャいろは歌2(オキナワの夏ver.)

ほしもえて ひろゐあおそらへ ゆめふりたちぬる このなつは ときにみをまかせ いくさけやむねん わすれゑよう 星燃えて 広い青空へ 夢降りたちぬる この夏は 時に身を任せ 戦気や無念 忘れ得よう ニンジャいろは歌第二段です。 オキナワがテーマということで、普段の血生臭い日常が癒される夏の一時を、48文字ぴったりで表現しました。 古語とかゑとゐの使いかたとかよくわからないのでそのへんはフィーリングです。

スキ
10

ニンジャ・バカンス

スキ
23

海と探偵

スキ
18

ジ・エンド・オブ・サマー

スキ
22

12人サマー

スキ
15

ビール・オン・ザ・ビーチ!◆夏

強い日差し、爽やかな風、眩しい砂浜。海の家にはタフな女賞金稼ぎニンジャ! 写真の「黒つぶれ」のような、強いコントラストでオキナワの暑さを表現しました。お酒好きのレッドハッグ=サンには浜辺で最高のビールを味わって欲しいです!

スキ
15

スペシメンス・オブ・ニンジャ

「シューッ!」「イヤーッ!」  樹上からアンブッシュを仕掛けるバイオハブをチョップ殺し、長袖長ズボンの男は道なき道を進んでゆく。足元には草が茂り、頭上では木々が光を遮る。ここはオキナワに鬱蒼と広がる自然森である。オキナワの森には数多くフェアリー伝説が残り、ノロイを恐れ暗黒メガコーポすらも手を付けあぐねているのだ。 「シュシューッ!」「イヤーッ!」  飛び掛かるバイオタランチュラをチョップ殺し、藪を越えると、そこはギャップめいて開けた明るい地であった。目に映るは切り株、キ

スキ
9

忍偵ヌンチャック非公式スピンオフ「ピストル探偵シキベwithガンドーチイサイ~ピストル探偵シキベ、オキナワリゾート大暴れ!~」

ここはおなじみネオサイタマ……ではなく、遠く離れたキョートシティ……でもなくさらに遠く離れたオキナワ? 「久しぶりのオキナワ・リゾートっすねえ……」 黒縁メガネで海を眺めるのはシキベ。彼女はこう見えても探偵なのだ。 「久しぶり……じゃねえよ、シキベ=サン。今日はビズだろ?」 シキベの肩にヤカガラスドロイドが止まる。 「そうっすね!ガンドーチイサイ=サン」 「だからその名前で呼ぶなっていっただろうがよ!」 「イテッ!突かないでくださいッスよ!」 胸にデカデカと『シキベ』と

スキ
15
+4

エルドリッチ・イン・オキナワンダーランド

スキ
14

【ミッドサマー・ナイツ・ワンダラー】

ホローポイントは酷く酔っていた。"仕事"を終えた彼は帰りが一日遅れるとソウカイネットに通信し、宿にチェックインし、オンセンに浸かりオイランを抱いた。ニューロンの奇妙なる同居者に見せつけるように。そして気の晴れない彼はオンセン・バーに赴きスシとサケを浴びるように摂取した。 「ひどい顔ね、ちょっと飲み過ぎじゃなくって?」まとわりつく幻影がくすくすと笑いかける。ディアボリカ、ホローポイントのニューロンの虚像。ホローポイントはテーブルに備え付けてあったダーツを手に取るとディアボリカ

スキ
13

ニンジャークルスムン

(これまでのあらすじ) ソウカイんニンジャーの勇士[イジャー]、ミニットマンとイクエイション。ニンジャークルスムンを待ち伏せした二人[タイ]のうち、イクエイションやー真っ二つにされて死なりーん。しかしミニットマンやー仲間[シンカ]の死ぬんと引き換え[ケーイー]に、ニンジャークルスムンの正体[フントー]に迫る手ぃ掛[ガ]かいを掴んだのサー。  ぞっとするほど暑[アチ]さん地面[ヂー]を全身で味わいながら、ミニットマンやー十年前の「イクサ」を思[ウビ]ん出[ジャ]すん。敵地の真

スキ
20

【グッバイ・オキナワ・アンド・モータル】

『イヤーッ!…』 『グワーッ!…』 『イヤーッ!…』 『グワーッ!…』 オキナワの……潮騒! 『ザッケンナコラー!…』 『スッゾオラー!…』 『ザッケンナコラー!…』 『スッゾオラー!…』 オキナワの……潮騒!! 海こそあのような有様だが、オキナワの夜はネオサイタマの夜とは違う。事実、髑髏のような満月は昇らず、イカスミのような黒雲は一つもない。当然、重金属酸性雨など降りもしない。だが……観光客はどうだ? モータルは一人孤独に岬に座っていた。観光に来たというのにくたびれた

スキ
7

OKINAWAN DANDY

スキ
15