逆噴射小説大賞2020:1次&2次選考突破作品

164

夜の蟷嫏、泡沫を刎ねる

微かな花の香り。風の音、草木のざわめきの他に、何も聞こえない場所。 良く晴れた午後の昼下…