逆噴射小説大賞2020:1次&2次選考突破作品

164

今日からエスコバル!

その木が植わっていたのは、どうってことない空き地の一角だった。  僕は不動産会社の一社員…