【試読】ダイハードテイルズ・サンプラー

8

【試し読み】ダークゴシック・ヒロイックファンタジ小説「灰都ロヅメイグの夜」 1:霧…

1:霧と酩酊  霧。隠匿。酩酊。霧。隠匿。酩酊。  今宵はいささか、冷え込む。  重たげな霧がセード式外套の袖口をこじ開け、忍び込もうと試みていた。疾く早く、今宵の酒場に逃げ込もう。君は懐から真鍮性の酒入れを取り出し、蓋をひねり、秋の香りのゾード果実酒を軽く口に含んだ。麗しき風味…

【試し読み】灰都ロヅメイグの夜 2:我等が故郷

承前 2:我らが故郷  無数の寺院、神殿、学院、書庫、大劇場、賭場、工房、地下大墳墓、坑道、貧民窟、伏せ目の辻、教団、殺害者ギルド、陰謀団、金銀、宝石、財宝、剣、弓銃、銃、蒸気鉄車……神秘と欲望の香り漂うあらゆるものが灰都で作り出され、編み出されている。だが、その多くが巨大都市直…

【試し読み】灰都ロヅメイグの夜 3:斜陽の剣士達

承前 3:斜陽の剣士達  廃屋の二階、ロー・ロクムの鍛錬場は、少なく見積もっても五十人の剣士がその技を磨くだけでなく、炊事その他を賄うに十分な広さを有している。そして、かような夜更けにあってもなお、十人からの剣士が其処に在った。もっとも、そのうち高位に属する数名は、窓際のテーブ…