ニンジャスレイヤープラス

S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#10

S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#10

総合目次 全セクション版 分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 9 ← 「オオオオオオオ!」ドリームキャッチャーはコヒバリAの顔面を壁に押しつけ、再び引きずり、叩きつける。「オオオオオオオオ!」「AAAAARGH……!」コヒバリBがその背後で嘴を高く上げたのち、土色のジュー・ウェアを着たドリームキャッチャーの巨岩めいた背に突き刺した。 「ウワーッ!」ザックが頭を押さえ、悲鳴をあげた。坑道を進むニンジャスレイヤー達のニューロンに、ドリームキ

スキ
32
S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#9

S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#9

総合目次 全セクション版 分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 8 ←  ウォーマスターの爆発四散は、進撃の高揚に冷水を浴びせかけるが如き一撃であった。「スウー……フウーッ……」ニンジャスレイヤーは肩を揺らし、前傾姿勢で呼吸を繰り返した。ひとたびニンジャスレイヤーを飛び越したクロスファイアは馬首を返し、ガン・スピンからの銃撃を行う。BLAMBLAMN! 「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーは銃弾を躱し、滑るように走り込む。クロスファイアの付近

スキ
41
S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#6

S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#6

総合目次 全セクション版 分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 5 ←  背後の岩壁がスライドし、カラテビーバーが手招きした。粉塵の中でニンジャスレイヤーは頷き、バック転で隠しトンネルに入り込むと、カラテビーバーは再び、奥ゆかしく岩フスマを閉じた。……まずは第1シーケンス完了。しかし……。「ウォワー」カラテビーバーが急かす。ニンジャスレイヤーは後を追い闇を進む。  曲がりくねった谷の内部に、こうした隠し通路が複数築かれているのだった。もと

スキ
27
S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#5

S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#5

総合目次 全セクション版 分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 4 ←  ナインは朝日に目を細め、背伸びをして、深呼吸した。熱い湯のシャワーを浴びた後の皮膚に、清冽な空気がチリチリと心地よかった。汗や汚れとともに、病の最後の残滓も流すことができたようだった。まだ多少フラつくが、感覚を取り戻していかねばならない。秘書は力仕事なのだから。  ナインは歩幅を規則正しく保ち、腕を振ってウォーキングする。身体の細胞をチューンするように。このドリーム

スキ
30
S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#4

S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#4

総合目次 全セクション版 分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 3 ← 4  A-1がドリームキャッチャーの呼び声を受信したのは、インターネット接続時の混線だった。そのとき用いたファイアウォールは負荷に耐えかね爆発したが、A-1は謎の声に興味を持った。ある意味ではそれがA-1の苦難と、旅の始まり……リコナーの興りでもあった。  始まりは子供らしい好奇心に過ぎなかった。A-1は今よりもなお若かった。発掘ジャンクからくすねた機械が、プロキシ

スキ
27
S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#2

S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#2

総合目次 全セクション版 分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 1 ← 「ニンジャスレイヤー?」ディヴァイダーは不吉な名前に眉根を寄せる。「何だか知らぬが貴様、ネザーキョウのニンジャではないな。ネザーキョウにおいて、タイクーンのコクダカを受け入れぬトザマの権利は著しく制限されている事、知らぬわけもあるまいな」「知らん。感謝する。どうでもいい」 「イヤーッ!」ディヴァイダーはナギナタを頭上で振り回し、先制攻撃をしかける!「イヤーッ!」ニンジ

スキ
27
S4第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#1

S4第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】#1

総合目次 全セクション版 分割版:◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 幕間 ← 1 「ドッソイ!」「ドッソイ!」「ドッソイ!」「ドッソイ!」リベットつきの革マワシを身に着けたスモトリが人力操作するエレベーターが、二人のニンジャを迎え入れ、チャリチャリと鎖の音を立てて上昇を始めた。「これはこれは何とまあ」不快なニヤニヤ笑いのニンジャは眼下の光景を見下ろし、驚嘆した。  城塞都市カメヤマ。かつてレジャイナと呼ばれた地に築かれた、武の城。スモトリ達

スキ
30
S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】全セクション版

S3第5話【ドリームキャッチャー・ディジタル・リコン】全セクション版

総合目次 シーズン3目次 幕間 ← 1 「ドッソイ!」「ドッソイ!」「ドッソイ!」「ドッソイ!」リベットつきの革マワシを身に着けたスモトリが人力操作するエレベーターが、二人のニンジャを迎え入れ、チャリチャリと鎖の音を立てて上昇を始めた。「これはこれは何とまあ」不快なニヤニヤ笑いのニンジャは眼下の光景を見下ろし、驚嘆した。  城塞都市カメヤマ。かつてレジャイナと呼ばれた地に築かれた、武の城。スモトリ達の手押し車を動力インフラとして、様々な歯車機構が絶えず駆動し、煙突から

スキ
55