ニンジャスレイヤープラス

S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】#7

S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】#7

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 6 ← 「ドーモ。スラッシュです」拷問鞭のニンジャは、振り返ったアナイアレイター達にアイサツした。「我が娯楽の殿堂、ナガシノ牢獄へようこそ。いかなる御用かな?」「フシューッ……」もう一つ、敵意ある息遣いがあった。スラッシュの背後に別のニンジャの顔が浮かびあがる。「ドーモ。ケンゴウです」  「ヤーアアア! 痛めつけないでくれ!」鉄格子の中でアンモナイト頭のニンジャが七転八倒した。「私はこれ以上非道行為をするつもりはない!

35
S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #6

S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #6

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 5 ← 「ウォーワワオー」タキは調子外れの歌を歌い、粘つく磁気嵐の侵食を躱して飛翔する。「思考も声になる。その歌も」ナンシーが指摘した。「ヘヘッ、いい声してんだろ」タキはごまかした。「あのな、オレがこんなに出来るのは、アンタの助けなんだろ? ちょっとの間だけだな、このブッ飛ぶ感覚は」「それはあなた次第ね」 「せっかくだけど、オレには才能がねえよ。アンタほどにはな」タキは笑った。「そしてオレの姉貴も。ツイてなかった。15

28
S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #5

S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #5

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 4 ← 「ムギコ=サン」「うん」「オレは今から霊的な冒険の旅に出る事になると思う」「霊的な……」「オレは遺言とかねェが、とにかくゲニンの奴らにここに入ってこさせねえように気をつけてくれ。後……」『行くわよ』ナンシーがタキを引っ張る。タキはタイピングを開始した。速度だ。速度が必要だ。  青く光るナンシーの指がキーボードを光らせる。その輝きに導かれるように、タキは加速した。淀みなく指が動く。アドレナリンが溢れ、ニューロンが

26
S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #4

S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #4

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 3 ← 「エット……要するに私は、お金を稼ぐにしても、ロマンが欲しいタイプなのね」「フム」「少し危険でも、頑張り次第で、メチャクチャ稼げるなら、やってみたいかなッて思ったわけなのさ」「フーム」モモジ・ニンジャはアルカイックな表情で目の前のグラニテを見ている。グラニテは緊張する。 「だからね、私は、はるばるネザーキョウまで……」グワラグワラ……。大地が鳴動し、二人が背にする崖からパラパラと小石が落ちてきた。二人は地面の亀

36
S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #3

S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #3

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 2 ←  ゴーン、ゴン、ガゴーン、ゴン……ゴン……ゴン。ネザーキョウの東域の境に存在するくろがねの街ナガシノを満たすのは、休まず稼働し続けるシリンダーや歯車の轟音であり、激しい金属音に埋もれながら、市街で職人が奮うハンマーの槌音が聴こえてくる。男たちはみな屈強で半裸、筋骨隆々であった。  打ちひしがれた物乞いがブリキ缶を置いて座り込み、通行人を見上げる。商店には物資が乏しく、皆、煤で薄汚れており、表情は暗かった。時折カ

38
S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #2

S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #2

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 1 ← 「ニンジャ!? ニンジャナンデ!?」タキは頭を抱え、ついにニンジャリアリティショックに堕ちた。消火作業ゆえ失禁する事はなかったが、嘔吐した。「ゴボボーッ!」ワアンワアンワアン……奇妙なサイレンが鳴り響く中、空にはカモメ群体じみてカイトのニンジャが舞っている。叫び。爆発。  暗黒メガコーポ勢力が過密に入り乱れるネオサイタマの制空権は複雑で、ジェット戦闘機は運用されない。かわりにヘリやVTOL、鬼瓦ツェッペリンが邪

38
S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #1

S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】分割版 #1

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ ◇全セクション版 S3第7話【ナラク・ウィズイン】 ←  空の色は名状しがたいスペクトルであり、異常な輝きが渦巻く闇は、ただの夜ではありえなかった。  ヤモトは立ち尽くした。その横でヘヴンリイもやはり、空を見上げ、動かずにいた。「これは……」ヤモトの呟きに、ヘヴンリイは不敵に答えた。「天下布武だ。世界を作り変える。オレたちの望む形にな」 「ニッタ・カタツキの力を使ったんだな」ヤモトはヘヴンリイを睨んだ。ヘヴンリイは頷いた。「ああそうだ

25
S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】全セクション版

S3第8話【カレイドスコープ・オブ・ケオス】全セクション版

総合目次 シーズン3目次 S3第7話【ナラク・ウィズイン】 ← 1  空の色は名状しがたいスペクトルであり、異常な輝きが渦巻く闇は、ただの夜ではありえなかった。  ヤモトは立ち尽くした。その横でヘヴンリイもやはり、空を見上げ、動かずにいた。「これは……」ヤモトの呟きに、ヘヴンリイは不敵に答えた。「天下布武だ。世界を作り変える。オレたちの望む形にな」 「ニッタ・カタツキの力を使ったんだな」ヤモトはヘヴンリイを睨んだ。ヘヴンリイは頷いた。「ああそうだ。不満そうだな、エエ

60