ニンジャスレイヤープラス

【ザ・グロウ】#9

【ザ・グロウ】#9

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

143
【ザ・グロウ】#8

【ザ・グロウ】#8

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

82
【ザ・グロウ】#7

【ザ・グロウ】#7

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

81
【ザ・グロウ】#6

【ザ・グロウ】#6

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

94
【ザ・グロウ】#5

【ザ・グロウ】#5

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

83
【ザ・グロウ】#4 後半

【ザ・グロウ】#4 後半

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

80
【ザ・グロウ】#4 前半

【ザ・グロウ】#4 前半

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

69
【ザ・グロウ】#3

【ザ・グロウ】#3

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

64
【ザ・グロウ】#2

【ザ・グロウ】#2

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

59
【ザ・グロウ】#1

【ザ・グロウ】#1

総合目次  ◇1 ◇2 ◇3 ◇4前 ◇4後 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9  その夜も当然のごとく降りしきる重金属酸性雨は虹色のブッダ・ネオンの輝きを霞ませ、窓の外の極彩色の光景を油彩絵具じみて増していた。 「雨、雨、雨、雨だ……」 「雨? それがどうかした?」  キドウは窓ガラスに指でラインを引き、振り返って男オイランを睨んだ。 「クソみたいな気分になる」 「そんな事言っても……いつも雨だよ」  男オイランは肩をすくめた。 「これがネオサイタマだよ」 「慣

92