ニンジャスレイヤープラス

サムライニンジャスレイヤー【ショーグン・アンド・ニンジャ】

サムライニンジャスレイヤー【ショーグン・アンド・ニンジャ】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
117
【ガイオン・エクリプス】#6

【ガイオン・エクリプス】#6

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
91
【ドラゴン・ドージョー・リライズ:奮闘編】♯3

【ドラゴン・ドージョー・リライズ:奮闘編】♯3

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
123
【ガイオン・エクリプス】#5

【ガイオン・エクリプス】#5

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
83
【ドラゴン・ドージョー・リライズ:奮闘編】♯2

【ドラゴン・ドージョー・リライズ:奮闘編】♯2

1 ← 「ミート・モチをひとつ」「ハイ、ドーゾ……おや?」  屋台のおやじはハンチング帽を被った男の面影を目ざとく思い出した。 「アンタ、ええと、誰だっけ……ドラゴン・ドージョーの!」 「ああ」フジキドは破顔した。「よく覚えているな」 「こちとら屋台のプロフェッショナルだからね! アンタたちの訓練風景は見ものだったしね!」  おやじは笑った。フジキドは面映ゆそうにした。彼は広場を見渡した。 「ここで行われていた、ドラゴン・ドージョーのトレーニングは?」 「ああ

スキ
131
【ドラゴン・ドージョー・リライズ:奮闘編】♯1

【ドラゴン・ドージョー・リライズ:奮闘編】♯1

前作:【ドラゴン・ドージョー・リライズ:始動編】 「ひとつ! ドラゴン・ウシロ・アシ!」 「「「イヤーッ!」」」 「ふたつ! ダブル・ドラゴン・アゴ!」 「「「イヤーッ!」」」  岡山県のオンセン街、シズカガオカのドラゴン・ドージョー分館。分館とは言うが、その実態は青果店「美しいフルーツ」の屋上スペースを間借りした簡素な修行場である。ドージョー・マスターである黒髪の美女、ドラゴン・ユカノの指導下、カラテをふるうのは、十人に満たないモータルの若者たちだ。身なりは貧しい

スキ
120
「NINJA SLAYER - SAN 第57話」

「NINJA SLAYER - SAN 第57話」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
44
「NINJA SLAYER - SAN 第56話」

「NINJA SLAYER - SAN 第56話」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
65
「NINJA SLAYER - SAN 第55話」

「NINJA SLAYER - SAN 第55話」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
50
【デッド! デダー・ザン・デッド!】#9

【デッド! デダー・ザン・デッド!】#9

総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 ◇11 ◇12 ◇13 ◇14 ◇15 8 ←  BOOOOM……KABOOOOOM……!  空に雷光が立て続けに走り、稲妻が降り注いだ。ねじくれた光の柱は避雷針に落ちず、虚空に爆ぜ……楕円形の輪郭を浮かび上がらせた。それはステルス塗装がほどこされたゴーストツェッペリンである。 「オオーッと! 今のはキたぜ!」  大海賊船の操舵甲板めいた装飾がほどこされた艦橋において、操舵するオチムシャ姿の双頭

スキ
65