ニンジャスレイヤープラス

デッドリー・ヴィジョンズ【リージョナル・アイス・エイジ】

デッドリー・ヴィジョンズ【リージョナル・アイス・エイジ】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ   ドクン。心臓が強く打ち、彼のニューロンを鼓舞しようとした。冷気の中で彼は痙攣し、上体を仰け反らせた。裸の全身を覆う白い霜がパキパキと音を立てて散る。  ここは、どこだ? 彼は状況を思い出そうとした。天井。壁。霜に覆われた真っ白の世界で、彼はひとり。  ……俺は、だれだ?   自問自答する。  ……俺は……インシネレイト……。  このまま状況に甘んじていれば死ぬ。心臓の必死の鼓動は、彼にそう警告している。だがそのキックも徐々に弱

206
デッドリー・ヴィジョンズ【モパイ・マスト・ダイ】

デッドリー・ヴィジョンズ【モパイ・マスト・ダイ】

これまでのあらすじ:サラリマン雀士「イチロー・モリタ」を名乗り、邪悪なソウカイニンジャ「クレアボヤンス」の根城たる非合法マージョンカジノ「役」へと潜入、最高レートの直接対局へと持ち込んだニンジャスレイヤー。ナンシー・リーによる雀卓ハッキングの助けを得て善戦するも、クレアボヤンスの謎めいたジツにより点棒を削られ、残り100点へと追い込まれてしまった。もはやリーチすらも不可能な状況で、ニンジャスレイヤーに逆転の目はあるのか? 【モパイ・マスト・ダイ】

242
デッドリー・ヴィジョンズ 【カット・ザ・ボトルネック】

デッドリー・ヴィジョンズ 【カット・ザ・ボトルネック】

【カット・ザ・ボトルネック】  冷たいコンクリート壁には『美味しい』『ビール』『瓶です』などの無表情な工業フォントが、色褪せたオレンジ色でレタリングされていた。  ここは遺棄されたビールビン詰め工場。残されていた空瓶は全て、そのネック部分を切断され、部屋の隅にうず高く積まれていた。  その見事な切断面をみれば、一目瞭然であろう。ニンジャの仕業である。ニンジャの情け容赦ないカラテによって、この工場跡に残されていた空のビール瓶は、一本残らず切断されてしまったのだ。  そし

171
デッドリー・ヴィジョンズ:【ドライヴ・フォー・ショウ】

デッドリー・ヴィジョンズ:【ドライヴ・フォー・ショウ】

 白い球がネオサイタマの昼下がりの曇天に放物線を描き、ゴミゴミとした建物群の狭間に吸い込まれていった。「ナイッショ! ナイッショですチギノ=サン!」ケンソン・システムズ社の営業社員ハズマは、力一杯の拍手とナイッショの合いの手で、チギノ本部長を褒め称える。  彼らが今いる場所はアジサイ・チョット・ビルの屋上だ。ご存知の通り、一般的なネオサイタマのビルの屋上には、枯山水庭園が造られている事が多い。このビルの屋上もその一種であったが、やや様子が違った。ゴルフのティー・グラウンドが

147
デッドリー・ヴィジョンズ:【アイス・クラッシュ】

デッドリー・ヴィジョンズ:【アイス・クラッシュ】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

89
【デッドリー・ヴィジョンズ:ブラック・ストライプス】

【デッドリー・ヴィジョンズ:ブラック・ストライプス】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ デッドリー・ヴィジョンズとは?: 誰にも顧みられることのないニンジャとニンジャの死闘、そのミニマルさを重点した、シンプルな読み切り短編シリーズです。各話に連続性は無く、どこからでもスナック感覚で読めます。そこにはプロトタイプを含む過去の作品と、全く新たな短編が混在し、時には本編採用されなかった掌篇も含まれます。原作者の意図により、敢えてどれがどの時代に書かれたものか、また第何部の時系列にあたるものかは明記されません。原作者ボンド&モーゼズ氏

142
デッドリー・ヴィジョンズ:サムズ・オブ・デス

デッドリー・ヴィジョンズ:サムズ・オブ・デス

デッドリー・ヴィジョンズとは?: 誰にも顧みられることのないニンジャとニンジャの死闘、そのミニマルさを重点した、シンプルな読み切り短編シリーズです。各話に連続性は無く、どこからでもスナック感覚で読めます。そこにはプロトタイプを含む過去の作品と、全く新たな短編が混在し、時には本編採用されなかった掌篇も含まれます。原作者の意図により、敢えてどれがどの時代に書かれたものか、また第何部の時系列にあたるものかは明記されません。原作者ボンド&モーゼズ氏は「どれが正史でどれがスピンオフかと

118
デッドリー・ヴィジョンズ:バトル・ウィズアウト・オナー・アンド・スシ

デッドリー・ヴィジョンズ:バトル・ウィズアウト・オナー・アンド・スシ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

99