マガジンのカバー画像

ニンジャスレイヤープラス

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010年から無料公開を続けているニンジャスレイ… もっと読む
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は… もっと詳しく
¥490 / 月
運営しているクリエイター

#アンリーシュ・ザ・グリムリーパー

固定された記事

PLUS総合目次(2022年1月18日最終更新)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
332

【アンリーシュ・ザ・グリムリーパー】#3

2 ← 『今日未明のファンダメンタル、興味ねえそんなメンタル……』ラップ歌手の吐き出すリリックが、つけっぱなしのレディオから流れている。ブラインドの降りた窓に外の明かりは細長い。  フジキド・ケンジはベッドに腰を下ろし、膝の前で手を組んでいた。彼は目を伏せ、じっと、沈思黙考を行っている。カイルは重傷だが、生命に関わる程ではない。胸をなでおろすべき事実であった。

スキ
154

【アンリーシュ・ザ・グリムリーパー】#2

1 ← 2 クリスタル・テーブルを挟んで、エディとフジキドの視線が衝突した。ギャング達は脂汗を流しながらフジキドを嘲笑の目で観察し、ゾエモンは攻撃性を爆発寸前で抑え込むかのように荒い息で呼吸していた。

スキ
168

【アンリーシュ・ザ・グリムリーパー】#1

1 ガレージの重いシャッターを押し上げ、フジキド・ケンジは薄明の荒野に進み出た。清冽な空気の中に立つと、吐く息は白い。  大地は焦げた鉄の色をしている。  濃い灰色の曇天の下、地平線に黒い凹凸をつくる影……モロクマ・シティ。あれがここから一番近い市街地だが、実際、随分と遠くに霞んで見える。  そしてこのガレージの周囲には、他に、家らしい家はない。真鍮の風見鶏、電球の補修もされていない「即ストップ・イン」のネオン看板。鶏を平飼いしている鉄柵の囲い。モーター駆動式の井戸。そ

スキ
243