ニンジャスレイヤープラス

固定された記事
+69

PLUS総合目次(2021年9月8日最終更新)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
327
+1

そでん【ウォーカラウンド・ネオサイタマ・ソウルフード】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ 【ソウルフード・シーズン1】アーカイブ ←  その日は普段より寒い夜だった。雪でも降るんじゃないかと思ったぐらいだ。ネオサイタマの雪はキョート共和国と違って過酷だ。重金属を核にしているから身体に悪い影響が心配されており、市民はサプリメントが手放せない。ニンジャの身体にはどうなんだろうか? 不安は捨てきれないものだ。

スキ
183
+1

【ウォーカラウンド・ネオサイタマ・ソウルフード】シーズン1

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ サイバーパンク世界にも食の歓びはある。戸惑いながらネオサイタマを彷徨うエーリアス・ディクタス。今、電撃的味覚が、駆け巡る。 時系列:トリロジー フジキド・ケンジがニンジャスレイヤーであった10年前の時系列。 主人公:エーリアス・ディクタス キョート共和国からネオサイタマにやってきた若い娘。黒髪と黒いジャケット、「地獄お」と書かれたマフラー、荊棘の意匠の眉刺青が特徴。込み入った事情により、その自我は精神潜行のジツを持つ男のニンジャ、シルバ

スキ
111
+4

【クルセイド・ワラキア】ガイド

◆【クルセイド・ワラキア】本編リンク ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 ◇エピローグ ◆ワラキア関連スレイト(本編後に読むもの)🆕  ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◆ワラキア関連名鑑カード(本編後に読むもの)🆕  ◇オー・オー ◇カシウス ◇ウリエル “ブラド・ツェペシュの正体はニンジャであった! 歴史の闇に葬られしニンジャ真実の一端がついに明かされる! フジキドは聖なるヌンチャクをブラドの手から取り戻せるか?” ◆吸血鬼+ニンジャ+サイ

スキ
114

「スズメバチの黄色」原作者ロングインタビュー(後編)とスペシャルサンクス

!!! WARNING !!! この記事は原作者コメンタリーや設定資料等を含んでいます。 「スズメバチの黄色」未読の方は注意してください。 !!! WARNING !!! <<<インタビュー前編はこちらから 「スズメバチの黄色」の制作ノートやあ、フィリップ・ニンジャ・モーゼズだ。ここからは、制作の舞台裏的な部分を語っていくよ。前回も説明した通り、メインのストーリーは僕が作ったけれど、この作品はブラッドだけでなく、ダイハードテイルズのスギやホンダの助けも得て、ほとんど共同作

スキ
178

シャード・オブ・マッポーカリプス(69):UCAと北米大陸の都市群

「参ったね……」XX002が頭を掻いた。UCA、ユナイテッド・コープス・オブ・アメリカ。インターネット情報によれば、それこそが文明、それこそがネザーキョウの外だ。タイクーンの攻撃に対抗する為、暗黒メガコーポ複数社が戦力を出し合い、臨時の防衛網を作ったのだという。  -【エッジ・オブ・ネザーキョウ】 より 2048年における北米大陸地球上にかつて存在した数々の国家や政府の大半と同様、Y2Kカタストロフィと電子戦争に続く過酷な試練の過程で、USA(ユナイテッド・ステイツ・オブ

スキ
132

【スズメバチの黄色】ウキヨエコン結果発表と原作者コメンタリー

「スズメバチの黄色」の発売を記念して開催されたウキヨエコン! 発売からわずか二週間で、とてもたくさんのDIY作品を応募していただけました。ありがとうございます! 「スズメバチの黄色」はとてもエネルギーに溢れた小説なので、素晴らしい物理書籍の形で送り出せたこと、またこうしてたくさんの方に読んでいただき、創作意欲となってくれたことがとても嬉しいです! また、スズメバチの発売カウントダウンで装画のttlさんが描いてくれたイラストレーションもここで紹介します。様々な言語の数字でカウ

スキ
51

公式Discord内に「スズメバチの黄色」の特設チャンネルを設置してみました

こんな感じです DHTの公式サーバ内に新刊「スズメバチの黄色」用の部屋を作りましたダイハードテイルズの公式Discord内に「スズメバチの黄色」の特設チャンネルができました。PLUSを購読しているからは自動的にDiscordの招待券が毎月ついていますので、興味のある方はぜひどうぞ。「Twitterとかだと他の人へのネタバレなどがちょっと気になる……」という人は、ぜひこのチャンネルを使ってみてください (逆に「スズメバチの黄色」のネタバレ情報を踏みたくない人は、読み終わる

スキ
15

「スズメバチの黄色」発売直前原作者ロングインタビュー(前半)

→ インタビュー後編はこちら 原作者の1人「フィリップ・N・モーゼズ」より: 前のインタビューでは、どこまで話したっけ? そう、僕らは「ラオモト・チバ」を主役とした小説について、まるまる1冊書き下ろしのオファーを日本のKADOKAWA社から受けた。これはとても光栄なことだ。僕らにとっても新たなチャレンジだったから、ブラッドだけでなく、ダイハードテイルズのスギやホンダの助けも得て、全力でこれに挑んだよ。出来上がった作品は……とてもいい。最高だ。最高に気に入ってる。君にも楽しん

スキ
120