ニンジャスレイヤープラス

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#12(完結)

 ◇総合目次  ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 ◇11 ◇12 11 ← 「ドーモ。クエスター・ナルです」 「ドーモ。シージバスターです」  アイサツするニンジャの異形の姿は炎熱の陽炎に歪んでいた。照りつける太陽は凄まじい光の塊だった。ヒュージシュリケンは息を呑んだ。…

【プラグ・ザ・デモンズハート】#11

 ◇総合目次  ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 ◇11 ◇12 10 ← 「イヤーッ!」  モータータケシが身構え、8方向湾曲熱線を照射した!   ZAAAAAAP!  「グワーッ!」「アバーッ!」  アシガルバイク隊の何人かが被弾し、吹き飛んだ。タイラシンは危うく湾曲熱線に…

【プラグ・ザ・デモンズハート】#10

 ◇総合目次  ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 ◇11 9 ← 「イエエエエエエエイ! イエエエエエエイ!」  操車基地メガクルマ敷地内を走り回る装甲バギーの中、ジャッキーは興奮して叫びながら腕を振り回し、後部シートの上で跳ねた。 「フー! フー! フー!」 「ア…

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#9

◇総合目次  ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 8 ←  オーストラリア、オムラ・エンパイア操車基地「メガクルマ02」! これは実際、大陸を南北に貫くスチュアート・ハイウェイを行き交う弾丸カンオケ・トレーラーのニューク燃料補給とメンテナンスを行うハイ・テック拠点であ…

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#8

◇総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 7 ←  モータータケシはいわば、上半身の前面を欠いた鋼鉄の巨人であり、その欠けた部位にサイバネニンジャのシージバスターが収まる設計となっている。シージバスターは両腕でガッチリとデバイスを握り込み、脊髄に沿って増設されている…

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#7

◇総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 6 ←  少なくとも電子戦争以前、その地域は他と同様、水平の地平線がどこまでもひろがる茶色い荒野だった。今は違う。乾いた大地はひしゃげて棚状に沈み込み、その段差に沿うようにして巨大なタスマニアデビルが鋭利な爪で戯れに抉ったかのよ…

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#6

◇総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 5 ←  ブンブンブブーン。ブンブンブブーン。アンティークもののジュークボックスがピカピカと蛍光UNIXライトを発し、スピーカーからはオールディーズ・ディスコが流れている。  洞窟を木板やレンガで補強して作り替えたアジトの応接室には安楽椅…

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#5

◇総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 4 ←  インターフォンに応答したのは年端も行かぬ娘の声だった。正しく大人に取り次がれるか、やや不安があった。 「先生……」  ブルーブラッドはフルフェイスヘルム越しにリー先生を見た。ブルーブラッドはオーストラリアの強烈な日差しを嫌い、革…

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#4

◇総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 3 ←  満点の星散りばめた夜空の下、ヒュージシュリケンは火かき棒で積み石の火をかき混ぜた。イグナイトが起こした火だ。奇妙な一団は夜営の設営を終え、焚火を囲んでいた。バイオカンガルー肉の串刺しが火であぶられ、よいにおいをたちのぼらせる。 「つま…

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#3

◇総合目次 ◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 2 ←  鬼瓦パンケーキからゆっくりと降下してきたニンジャは超然とオジギしてみせた。クロームの装甲装束で身を固め、壮麗なアトモスフィアを纏ったニンジャには、容易く崩せる隙はなかった。仰々しく、ニンジャの頭上に社章がホロ投影された。 「ヤナマンチ…