ニンジャスレイヤープラス

シャード・オブ・マッポーカリプス(75):〈ネザーキョウの暴君〉明智光秀

シャード・オブ・マッポーカリプス(75):〈ネザーキョウの暴君〉明智光秀

明智光秀ことアケチ・ニンジャ アケチ・ニンジャはその暴虐を歴史に刻み、恐怖とともに語られ続ける強大なリアルニンジャであり、歴史文献においては「明智光秀」という表記で知られる。 むろん、江戸時代や近代の一般市民は、彼がニンジャであるなどとは夢にも思わなかった。「明智光秀」とは、オダ・ニンジャがかつて「織田信長」を名乗っていたのと同様、リアルニンジャが自らの正体を隠し、人間の領主として城に住み、領民らを支配するために用いたセンゴク・ネームである。明智光秀は織田信長を討ち取った

スキ
183