ダイハードテイルズ・マガジン

パルプ小説の書き方(実践編7):「悪役を作れ」(逆噴射聡一郎)

パルプ小説の書き方(実践編7):「悪役を作れ」(逆噴射聡一郎)

【承前】 よく来たな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれは毎日ものすごい量のテキストを書いているが、だれにも読ませるつもりはない。だがおれは今回、窓から差しこむ熱いMEXICOの夕陽を浴び、CORONAビールを飲みながら、「今後の小説講座で取り上げてほしい内容」リストをながめていたところ・・・・「悪役をどうやって作ればいいのか?」という質問が多いことに気づいた。 逆噴射聡一郎先生プロフィール:社会派コラムニスト。昔からダイハードテイルズ・マガジンに時々寄稿してくださいます。当マガ

スキ
143
パルプ小説の書き方:実践編Q&A1(逆噴射聡一郎)

パルプ小説の書き方:実践編Q&A1(逆噴射聡一郎)

【承前】 ダイハードテイルズ編集部:今回のQ&Aおたよりは、2020年6月の質問箱から採用させていただきました。CORONAビールと一緒に質問メモを机の上に置いておいたところ、逆噴射聡一郎先生から回答が得られたのでまとめて掲載いたします。 Q:小説の独自の設定を斬新にしようと心がけるあまり、どうしてもウケ狙いのような駄洒落の用語ばかり思いついたり、既存作品のパロディばかり発想してしまい、真面目な設定がまるで考えつきません。万人向けな硬派さを保ちつつ、斬新な設定を取り入れる

スキ
99
パルプ小説の書き方(実践編6):「アイデアを出し惜しみしてるやつは腰抜け」(逆噴射聡一郎)

パルプ小説の書き方(実践編6):「アイデアを出し惜しみしてるやつは腰抜け」(逆噴射聡一郎)

【承前】 よく来たな。逆噴射聡一郎だ。おれは毎日すごい量のテキストを書いているが、だれにも読ませるつもりはない。 逆噴射聡一郎先生プロフィール:社会派コラムニスト。昔からダイハードテイルズ・マガジンに時々寄稿してくださいます。当マガジン上にて「パルプ小説の書き方講座」を連載していただいています。 おれはこのまえ、好きなところから書けという話をした。好きなところから書きでもしないと人間は小説を完成させることなど到底出来ないということだ。普通の人間が小説を書こうとすると、フ

スキ
113
パルプ小説の書き方(実践編5):「シーケンスを溶接しろ」(逆噴射聡一郎)

パルプ小説の書き方(実践編5):「シーケンスを溶接しろ」(逆噴射聡一郎)

【承前】 よくきたな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれは毎日すごい量のテキストを書いているが、誰にも読ませるつもりはない。CORONAが当局に自粛させられているらしいが、おれは今までドリトス規制などで何度も孤独な修羅場をくぐってきた真の男であり、この程度の圧力でおれのCORONAを自粛させられると思ったら大間違いだ。W・H・OやC・I・Aであろうとおれに関税をかけることはできない。 前回おれは「小説一本を20個くらいのシーンやシーケンスにバラす方法」と「開幕シーケンスの書き方」

スキ
103
パルプ小説の書き方(実践編4):「開幕シーケンスを考えろ」(逆噴射聡一郎)

パルプ小説の書き方(実践編4):「開幕シーケンスを考えろ」(逆噴射聡一郎)

【承前】 よくきたな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれは毎日すごい量のテキストを書いているが、誰にも読ませるつもりはない。おれは今夜も組織の追っ手をかわし、MEXICO当局の目をかいくぐりながら、行きつけのサルーンでこれを書いている。 おれは今までパルプ小説の書き出し方や、キャラやタイトルの作り方などをおまえにいろいろ教えてきた。PRACTICEを重ねたおまえは、インパクトのある冒頭の書き方もつかめてきたはずだ。だが・・・・・それは小説のためのパーツや素材にすぎない。最終的に小

スキ
117
パルプ小説の書き方(実践編1):「あほと腰抜けに構うな」(逆噴射聡一郎)
+2

パルプ小説の書き方(実践編1):「あほと腰抜けに構うな」(逆噴射聡一郎)

よくきたな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれは毎日すごい量のテキストを書いているが、誰にも読ませるつもりはない。今回おまえに伝えようと思ったのは、おまえがON-LINE環境でパルプ小説をDo It Yuaselfしていくにあたり、いずれ直面するであろう問題・・・・・・すなわち、おまえの作品にしつこくケチをつけてくる奴・・・・ヘイター(Hater)の出現についてだ。 逆噴射聡一郎先生プロフィール:社会派コラムニスト。昔からダイハードテイルズ・マガジンに時々寄稿してくださいます。当マ

スキ
457
パルプ小説の書き方(12):「宇宙空間でも爆発音はする」 (逆噴射聡一郎)
+2

パルプ小説の書き方(12):「宇宙空間でも爆発音はする」 (逆噴射聡一郎)

よくきたな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれはこのオン・ライン講座を通し、一年近くパルプ小説の書き方を教えてきた。おまえは素手にパルプ小説を書くためのノウ・ハウをほぼ全て身につけ、あとは毎日練習し発表していくだけの局地へとたどりついた。ここからは世界とおまえの持久戦だ。 世界がおまえの作品の面白さに気づくのが先か、それともMEXICOの荒野を進むおまえの心の水が先に尽き果て・・・・途中にあったサルーンに立ち寄り1杯のつもりがついつい酒を飲み過ぎ、そのままいい気分で無料Wi-FI-

スキ
423
パルプ小説の書き方(11):「椅子とPCがおまえを真のPROにする」

パルプ小説の書き方(11):「椅子とPCがおまえを真のPROにする」

<<「パルプ小説の書き方(10):noteで売れ」に戻る よくきたな、おれは逆噴射聡一郎だ。おれは毎日ものすごい量のテキストを書いているが、だれにも読ませるつもりはない。今回の講座には、おまえがパルプ小説を書きメキシコの荒野を生き抜くうえで必要なPRO装備や、不足しがちなものをまとめておいた。 逆噴射聡一郎先生プロフィール:社会派コラムニスト。昔からダイハードテイルズ・マガジンに時々寄稿してくださいます。当マガジン上にて「パルプ小説の書き方講座」を連載していただいています

スキ
182
逆噴射聡一郎先生へのQ&A(4)

逆噴射聡一郎先生へのQ&A(4)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
91
逆噴射聡一郎先生へのQ&A(3)

逆噴射聡一郎先生へのQ&A(3)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
97