マガジンのカバー画像

【旧】ダイハードテイルズ・マガジン

【ご注意:定期購読マガジンからメンバーシップへとシステムが移行します。こちらは更新が終了していくので、メンバーシップ版への購読切替をよろしくお願いします】 https://die もっと読む
このマガジンでは、ダイハードテイルズ作家陣(杉ライカ、本兌有、逆噴射聡一郎など)のコラムや日報、小… もっと詳しく
¥490 / 月
運営しているクリエイター

#note

定期購読マガジンからメンバーシップへの切り替えのおねがい(2022/8/31更新)

いつも「ニンジャスレイヤーPLUS」「ソウルワイヤード」「DHT-MAG」の購読と、ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズの活動サポートありがとうございます。 2022年7月から、noteでは「メンバーシップ」という新機能が始まりました。これは簡単に言えば、これまでの「定期購読マガジン」の上位互換のようなシステムです。 このためdiehardtales.comでも、上記3つの定期購読マガジンをメンバーシップに移行させ、より読みやすく、より楽しいものにアップグレードして

スキ
108

【note業務日報】「定期購読マガジン+無料記事+試し読みライン設定」の組み合わせがめちゃくちゃ便利(杉ライカ)

note(主に定期購読マガジン)を使っていて思ったテクニカルなことを、普段の雑記とは別に、業務日報的にたまに書いてみることにしました。 noteは毎日ものすごい勢いでカイゼンが進んでいるので、この機能追加が入ったのがいつだったか正確に覚えていないのですが、わりと最近「無料記事でも、それを有料の定期購読マガジンなどに収録する場合は、有料記事のように公開範囲ラインを設定できる」という機能が入ったんです。例えばこの記事などもそうです。 これはずっと前からフィードバックとして追加

スキ
32

今月分の「雑記」を月報マガジンにアーカイブしました

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
22

noteの「クリエイターファースト」という攻めの姿勢

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
92

noteを使ってコンテンツ配信サービスに近い月額制マガジンをやろうとした場合に知っておいたほうがいいこと

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
57

このつぶやきはメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
32

【日報】noteのクリエイターサポート機能で届くメッセージについて

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
41

note三周年記念イベントに行ってきました

この記事はメンバーシップのプランに加入すると読めます

スキ
58