ダイハードテイルズ・マガジン

20200808_8月に入ったぞ、真・女神転生の攻略本が好きだったこと、お蔵出し小説:狂い人の散文詩、など(杉雑記)

20200808_8月に入ったぞ、真・女神転生の攻略本が好きだったこと、お蔵出し小説:狂い人の散文詩、など(杉雑記)

8月に入った!暑い!でも湿気がないのでありがたい!湿気やめてほしい! SF/SFCの頃のゲーム攻略本が好きだった 前回のレディオ放送で「ニンジャスレイヤーTRPGはゲームをしない人が読んでも楽しい。持っていないゲームの攻略本を読んでも面白いのと同じ理屈です。だから読まないともったいないくらい面白いぞ!」といった感じのトークをしましたが、放送中には自分の中でのフェイバリットタイトルをパッと出せなかったので、記事にしてみます。 自分の中のそうした原体験のひとつとして最強なの

スキ
49
【お蔵入り小説】「生きてたの!?どるえんちゃん」

【お蔵入り小説】「生きてたの!?どるえんちゃん」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
76
【さいはてのペイルホース】 #1

【さいはてのペイルホース】 #1

ポータル ◇1 ◇2 ◇3  薄暗い店を漂う没薬の煙は、紫肌の楽師が奏でる骨琴の音と絡み合って、その幻惑作用を一層強いものとする。壁一面には無数のイコンが飾られている。砂金を用いた神秘的な光の表現が、薄闇の中で濡れた輝きを放つ。当然それは信仰心からのものではなく、風化時代への単純な美的興味からのディスプレイだ。  店には様々な種族、様々な生業の客が居た。店に入って来た少年は、しかし、陽の光の下をまともに歩けない者たちでごった返す中にあって、やはり異質であった。  諍いや

スキ
34
ロード・オブ・ダークネス(DHTクラシックス)

ロード・オブ・ダークネス(DHTクラシックス)

ダイハードテイルズ編集部より:「ロード・オブ・ダークネス」は、杉ライカの学生時代(おそらく1999年頃)の習作的な短編です。ジャンルとしては、パルプでユーモラスなダークファンタジー/メルヘンになります。現在のダイハードテイルズ出版局の基準から見ると、内容面や校正面でいくつか問題が散見されましたが、時代性や資料性を重視し、全文当時のままアーカイブしています。

スキ
79
有料
200