ニンジャソン2017年3月エントリー作品アーカイブ

45
ア・カインド・オブ・サツバツ・ナイト

ア・カインド・オブ・サツバツ・ナイト

21
ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル

ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル

15
「なんだ、こいつも笑うんじゃないか、とガンドーは思った」

「なんだ、こいつも笑うんじゃないか、とガンドーは思った」

「……笑えるな」ニンジャスレイヤーは鋼鉄メンポの奥で、微かに笑いを漏らした。珍しいことだ。なんだ、こいつも笑うんじゃないか、とガンドーは思った。朝焼けが近かった。   ニンジャスレイヤー第2部:キョート殺伐都市   「リブート、レイヴン」より よく笑う男 「ニンジャスレイヤー」の第二部から登場するタカギ・ガンドーという男がいる。彼は二部の舞台となるキョートのガイオン・シティの探偵であり、ガイオンに不慣れなニンジャスレイヤーを案内し、協力し、共に行動していくことになる人物

37
ネオン、サイバネ、都市の闇:「ナイス・クッキング・アット・ザ・ヤクザ・キッチン」より

ネオン、サイバネ、都市の闇:「ナイス・クッキング・アット・ザ・ヤクザ・キッチン」より

◆ ◆ ◆ 「ナイス・クッキング・アット・ザ・ヤクザ・キッチン」の魅力 これから『ニンジャスレイヤー』を読むという方に私がおすすめしたい話は、「ナイス・クッキング・アット・ザ・ヤクザ・キッチン」です。本編はわずか73ツイートの超短編エピソードながら、不良ガイジン「ラッキー・ジェイク」というキャラクター、いわば一般市民の視点を通じて、ニンジャの横暴とそれに立ち向かうニンジャスレイヤーの姿がコンパクトに凝縮された形で描かれます。 「ナイス・クッキング・アット・ザ・ヤクザ

52