ニンジャソン2017年3月エントリー作品アーカイブ

45
【結果発表】2017年3月ニンジャソン「ニンジャ・プレゼンコン」の受賞作品発表!

【結果発表】2017年3月ニンジャソン「ニンジャ・プレゼンコン」の受賞作品発表!

プレゼンコンとは? 「作品の面白さや魅力を伝える力」とは、「魅力的な作品を生み出す力」と同じか、時にはそれ以上に重要なものだと、我々はつねづね考えています。ニンジャスレイヤーという作品は、公式プロモーションだけでなく、大勢のニンジャヘッズの手によってその魅力が熱く語られ、日々新たなニュービー読者を生み出してきました。 そのような考えから開催された今回のニンジャソン。そのメインテーマは「プレゼンテーション」です。ニンジャスレイヤーの好きなエピソード、キャラ、部、何でも構いま

23
今月の #DHTPOST イベントは、ニンジャ・プレゼンコンです

今月の #DHTPOST イベントは、ニンジャ・プレゼンコンです

「作品の面白さや魅力を伝える力」とは、「魅力的な作品を生み出す力」と同じか、時にはそれ以上に重要なものだと、我々はつねづね考えています。ニンジャスレイヤーという作品は、公式プロモーションだけでなく、大勢のニンジャヘッズの手によってその魅力が熱く語られ、日々新たなニュービー読者を生み出してきました。 プレゼンコンを開催! Twitter上では常日頃から、ニンジャスレイヤーが大好きなニンジャヘッズによって、エピソードの感想や、「ニュービーはまずここから読もう!」などのおすすめ

25
マッドサイエンティスト好きによるリー・アラキ先生の紹介

マッドサイエンティスト好きによるリー・アラキ先生の紹介

見世物小屋の座長 死者達の父にして王 マッドサイエンティストの仮面を被るマッドサイエンティスト その名は天才科学者リー・アラキ 彼は、人の身でありながら世界随一のニンジャサイエンス研究者且つ歴史にも造詣が深いネクシャリストであり、作中人物で一番ニンジャの真実に近づいている天才。 通称リー先生。 眼鏡に血塗れの白衣…長身痩躯から発せられる甲高く奇怪な笑い声…生来の天才ぶりを更に脳改造によって強化…興味あることには熱狂、平時は冷静且つ冷淡…狂気と怪奇に満ちた外見や言動

19
こんなにも人間が主役のニンジャ小説がある。

こんなにも人間が主役のニンジャ小説がある。

『フォロウ・ザ・コールド・ヒート・シマーズ』。 「『ニンジャスレイヤー』という小説を読んだことがない人にオススメするとしたら?」と訊かれたら、私はこれを挙げる。 『ニンジャスレイヤー』はそれは長大な物語であり、現在進行形で新たなエピソードが投稿され続けている。私も『ニンジャスレイヤー』の世界へ足を踏み入れた時は、アーカイヴの多さに困惑したものだ。そんな『ニンジャスレイヤー』を未読の人に対して「イチから読め」と言ったところで、それは酷なことだと思う。そこで上のエピソードを挙

41
ア・カインド・オブ・サツバツ・ナイト

ア・カインド・オブ・サツバツ・ナイト

21
ニンジャいろは歌(フジキド・ケンジver.)

ニンジャいろは歌(フジキド・ケンジver.)

あれから つねにふんぬわき みはちにそまりゐる さいしとせのため むくろをぼひようへすゑ なおもやこえてゆけ あれから 常に憤怒沸き 身は血に染まり居る 妻子と世のため 骸を墓標へ据え なおもや、越えてゆけ 『ニンジャスレイヤー』は、Twitter上で翻訳連載されているサイバーパンクニンジャ活劇小説(ブラッドレー・ボンド、フィリップ・ニンジャ・モーゼス著)です。 上記した歌はそのニンジャスレイヤー1~3部の主人公として登場する、フジキド・ケンジをイメージして作りました。

32
21世紀のインターネットにハムレットは降り立った。ウェブ小説『ニンジャスレイヤー』をシェイクスピア愛好家に薦めるわけ

21世紀のインターネットにハムレットは降り立った。ウェブ小説『ニンジャスレイヤー』をシェイクスピア愛好家に薦めるわけ

 ウィリアム・シェイクスピア!  その名を知らない者は恐らく地球上に存在しないでしょう。言わずと知れたイギリス出身の劇作家です。その作品は不朽の名声を勝ち得ており、『ハムレット』『オセロー』を始めとした四大悲劇のほか、『ロミオとジュリエット』などは傑作として知られています。また後世の作家に与えた影響も極めて大きく、その劇作を下敷きにして作られた作品は枚挙にいとまがありません。  今回はそうしたシェイクスピアの因子を色濃く受け継いでいる作品の中から、近年話題を呼んでいる小説

50
ナイト・エニグマティック・ナイト

ナイト・エニグマティック・ナイト

ツィッターとかで連載されている小説、ニンジャスレイヤーから第二部のエピソード、ナイト・エニグマティック・ナイトの紹介をします ニンジャスレイヤーはヒーロー小説なのですが、このエピソードはその中でもニンジャスレイヤーと戦う敵側に焦点を当てた、世界を秘密裏に支配する組織ザイバツ・シャドーギルドに一人の少年がスカウトされるある夜の物語です このお話はボンクラと蜘蛛の糸のお話です おれの創った最高に凄い作品を認めないこの世界は狂っている全員死ねー!! と思っている俳句に夢中の男

8
ルイナーがわからない

ルイナーがわからない

ルイナーの話をしていきます。(主にweb連載版に基づく) 第三部より登場するニンジャ愚連隊、サークル・シマナガシの一員であり、外見・発言の露出が少なく謎めいているキャラクター。 マーブル迷彩のニンジャ装束であること以外は長らくビジュアルの開示がなく(web版第三部終盤や書籍エピソードにてフードもついている記述が出る)、相手の身体に触れたところから圧し潰すような緩慢な挽肉カラテで戦い、時には銃火器も平然と扱い、敵が乗っていたハイテックなバイクを奪い取って運転し、くせ者揃いのシ

28
あるニンジャの話をする

あるニンジャの話をする

一口にニンジャといえども、実に多種多様なニンジャが存在する。大きいニンジャ、女性のニンジャ、1ツイートで死んでしまったニンジャ。私が今回するのは残念ながらそのどれでもない。忠義に殉じたあるニンジャの話だ。 さあ一体どんなニンジャだろう。『ニンジャスレイヤー』という作品にはそんなニンジャがいるのかい?いるんだ。彼以外にも、きっと何忍もいるだろう。して、その彼とは。 まず外見情報だ。そのニンジャは剣を携えている。どんな?装飾的な細い剣だ。それから、鼻から上を覆う仮面のようなも

14