逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

1
記事

Gravedigger: or Last Tourist

『第一分隊、例のモノを確保。付近に異常はないか。オーバー。』

「第三分隊、異常なし。オーバー。」

 廃墟の中を進むライトグリーンの対火対爆作業服を着込んだ一団。そのリーダー格と思わしき男は無線機を再び腰のホルダに戻す。

 労働から開放されたら、あなたはどうする?

 あらゆる生産・サービスがオートメーション化され、完全リサイクルが実現。人々は地方自治体からの給付金をもってその成果物を消費する

もっとみる
ずんだ餅食う?
26