逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

632

ジハード・フォー・リゲイン・ラブ

ある日突然ジャネット(注1)のスピリチュアルシスターにしてソウルメイトのアスティがピンクのメッシュ入り金髪をブルネットに染め黒いマニュキアを落とし、ジャネットとお揃いだった神と秩序への反逆の象徴である逆十字架のピアスとチョーカーを外して登校してきた。服はいつもの漆黒のレザーコルセットとサテンのフレアスカート、膝まであるハイヒールブーツ、ではなく、清潔感あるノースリーブの白いシャツに紺色のクロップド

もっとみる

姫には厳しい時代

透かしの弱いペーパーライク・フェイスベール越しにDVDの列を物色する。ヴァンダム、シュワちゃん、ヴァンダム、シュワちゃん、セガール、ヴァンダム、ウェズリー・スナイプス。古い。偏ってる。それでも配信サイトが主流の今時、高校から駅までの道にレンタル店が生き残っていることは幸運だ。
 借りる作品を簡単には決めない。任意の文化作品を選んで学習させるだけで良いライフ・スクリプトとは違い、私自身が映画を見るに

もっとみる
🐘.…🐘🐘..…..🐘…
21

ファースター・ザン・リリィ!

端的に、そして結論から言ってしまうと、人類は百合のせいで滅亡した。
 そしてそのせいで、横浜フェアリス女学院二年一組出席番号12番永流水有理<とながみ・ゆうり>は今、銀河系中央、射手座A*近傍の第90526ワームホールジャンクションでヒッチハイクをしている。

 始まりはY染色体消失による男性の絶滅だった。
 男性消失社会は、IPS細胞等の技術の発達もあって子孫を残すことに支障はなかった。
 唯一

もっとみる
パワリオワー!
36

Not singularity

スーパー悪党になりたい。
 なぜ毎日図書室で本を積んで勉強するのか、なぜ毎日狂ったように身体を鍛えるのか。聞かれて私はいつもそう答える。当然、皆が笑う。
 笑わない者は一人だけ。
 私の宿敵だ。

 鋼鉄の塊が破壊の限りを尽くしていた。先週、米軍から強奪された多脚砲台。戦車と自走榴弾砲を同一機種で兼ねるという馬鹿げた代物が、その馬鹿げた火力で先端技術センターを更地にしていた。
 砲塔に腰かけていた

もっとみる
ありがとうございます!
7

死ぬほど気持ち良い同性同士のセックスの条件

独特の浮遊感だなと思う。
 部屋に一人浮かび上がっている私は自分の部屋を見ながらそう思った。重力が無い状態っていうのは宇宙に行けば体験できて、ナサだかジャクサだかに行っても多分疑似的な奴は体験できるんだったっけ。
「まぁ、落ち着いてよ」
 眼下に移る自分の部屋には女性が二人。女性って客観視してるみたいに言ったがどちらも顔を知っているし、なんなら先週までは良く喋ってた。可愛い胸の大きい方の女性はずっ

もっとみる