逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

632

【精霊の御前 仮面は踊る】 #逆噴射小説大賞2019  怖いの注意

どこかの民族の仮面

友人にもらったもの

何故こんな不気味なデザインの仮面をわざわざお土産にと思った

受け取りたくはなかった

でもある種の後ろめたさが私を支配した

その夜

私は夢をみた

仮面をつけた人が踊っていた

火を焼べ、宙へ焔の粉が舞う

翌日

また夢をみた

例の男は火を焼べ 踊る

時折 視線が合った気がした

夢 3日目

崇高、畏怖を併せ持つ何か

それに捧げるもの

もっとみる
こ、これが最新の…まさか完成していたとは…
10

【From the Kitchen】  #逆噴射小説大賞2019

ママがおかしいんだ

台所でずっと何かを切ってる

音がずっとしてる

ドアは閉まってて

へんじをしてくれないんだ

なにかをひきずる音

ママ カーテンを開けてください

お外からもなにも見えない

ママ ドアを開けてください

なんだろう、このにおい

あたたかいにおい

ママ、ママ

あ、何かがわれた音

ママ、大丈夫

すずの音がきこえる

ミケ、ミケがどこかにいる

またなにかがわれる

もっとみる
あぎゃっ!!
10

【蓼、パンを食う】 #逆噴射小説大賞2019

仁志は台所から聞こえる、カサカサとした音で目を覚ました。幾分飲みすぎたか、だがたしかに音がする。

恐る恐る台所へ向かい、声を出した

「だれか、いるのか」

数秒の沈黙の後、落ち着いた声がした

「いるよ」

明かりをつける。誰もいない

「だれだ!どこだ!」

「蓼だ。ここにいる」

たしかに、テーブルの上には一株の植物

その傍ら、朝食にと買っておいたクリームパンが散らかっている

「なにを

もっとみる
人の日記を勝手に読んだ上にスキだのコメントだの!ひどいわ!
16

【宇宙からの一見さん】 #逆噴射小説大賞2019

「おい、徳さん、ニュースみたかい?」

金物屋が転がり込んできた

「あの真っ黒な雲、なんだいあれ」

「不気味な雲だね、ありゃ、雲じゃないって話だろ?みたよ、ニュース。なんでも宇宙からなんか来たって」

大きく黒い入道雲状のものが、この台東区に向かっている。世界中が固唾を飲んで見守る中、徳さんは朝仕入れてきた小魚をピシピシと捌き、夜の営業に備えている

「やばいってさ、小肌やってる場合じゃないだ

もっとみる
こ、これが最新の…まさか完成していたとは…
42