逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

627

南へ急ごう(on the atrantica)

地球が唐突にバグったのか、ファンタジーが侵攻してきた。
 なぜこうなったのかは誰にも分からない。各国軍は奮闘してはいるがどうにもこうにも膠着状態っていうわけよ。
 もうこうなると、新聞もテレビもネットも役立たずになり下がり、俺の商売も上がったりだ。三文記事を送る場所が見当たらないのだ。
 風の噂では俺の住む街にもファンタジー軍がもうじき攻めてくるらしい。ファンタジー軍が攻め込んだ街は略奪の嵐が吹き

もっとみる
トレンドパワーがここに溜まってきただろう?
2