逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

627

狩屋咲ミカコの豊かな新生活

「──オエッ」

 凄まじい吐き気。頭がグラグラする。ここは……トイレの個室か。どうやら、便器を抱えたまま眠ってしまっていたらしい。

 コンディションは最悪。戦犯はどれだ。ビール、ワイン、ハイボール? ……いやたぶん日本酒だな。テキーラみたいな味したし。

「ォエッ……ェーッ……えほっ」

 ……だめだこれ、吐けそうで吐けないやつだ。

 肩で息をしながら、俺は便座に座り込み──

 同時に、ト

もっとみる
🍑🍑🍑🍑
39