逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

627

囮の子ども(たち)

 いる。あれはすでにここに、俺の砦に這入っている。
 私立儀典寺小学校校長、真備は自らに言い聞かせながら窓の外を眺める。鰯雲広がる空の下、校庭では三百人の児童が休むことなく昼休みを駆け抜けている。彼ら彼女らが校長室に手を振れば、真備も笑顔で手を振り返した。その心に嘘はない。齢五十にして校長を務める真備は児童たちを愛し、職務に誇りを持っている。
 だからこそ今日、真備の笑顔は児童が戸惑うほど引き攣っ

もっとみる
...🐘.….🐘.🐘🐘…
23