逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

627

無常命脈の誓い

「なぜって、仕事です。
まあ、そう言ってしまうと味気ないですかね。

貴方が聞きたいのも、そう言った意味ではないでしょう。
しかし、今は悠長に話している場合ではないのでは? 貴方、早く手当しないと死にますよ。ほら、もっと他にも考えることあるでしょう。

……仕方ない。では少しだけ。

まあ、発端が帝国の王位継承を巡る争いというのは貴方も察しがついてるでしょうが……うん?
ああ、帝都から飛ばされるだ

もっとみる
海狸の尾っぽより祝福を!
9

MCCS -大規模犯罪対策室-

Case1. 刑事と魔女見習い、出会う

 発達した科学は魔法みたいなもんだと大昔の作家が書いてたのをどこかで見た覚えがある。

 それはアーコロジーや仮想現実だサイバネだのアンドロイドにクローン技術まであるこの御時世には大当たりの文言だと今更ながら俺は感じるね。

 だから誰か俺に目の前で起きてる現象の科学的な説明をしてくれないか。

「――いい加減死ねよお前ェ!!」

「貴女こそしつこいんです

もっとみる
面白かったですか? それは良かった!
4