逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

1
記事

人よ、竜の手を引いて

澄んだ水面を思わせる青い瞳。
 その奥に湛える深く透き通った静謐な気配を、今でも夢に見る。目覚めた後も、瞼の裏に焼き付いて忘れられない。
「E-03-03『ディアクリア』」
 無論、それは幻だ。海を統べ、陸を制し、空に君臨した彼ら。遥か昔に空の果てより来たり、人類に英知を与え導いた彼らはもういない。
 人は、竜に捨てられた。
 人竜乖離と呼ばれた星降る夜。全ての竜はふと一斉に夜空を見上げ、僅かに身

もっとみる
感謝と感激を捧ぐ
16