逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

632

とん汁の芋なに入れる?

「ジャガイモだよ!」

「サトイモよ!」

ミノリとサトコは共通の幼馴染であるハヤトの家のキッチンで言い争っていた。
今日は三家とも親が遅くまでいないので、一緒に夕飯を作って食べようという話になったのである。献立としてとん汁が提案されたまではよかったのだが、そこに入れる芋の種類で意見が分かれたのだ。ハヤトは買い物のため財布を取りに行っていてこの場にはいない。

「いやいや、とん汁って言ったら普通ジ

もっとみる