逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

632

カタナ・アサシン・ビスポーク

静かなジャズが奏でられる店内。

光沢を放つ、滑らかなカノニコのネイビーと鮮やかなグレーのグラン・トリノ。頑強さを漂わせるスキャバルに、サヴィル・クリフォードが陳列する至高の空間。

黄色のメジャーを片手に、わたしは目の前の男を採寸する。角張った肩に、丸太のような腕、鋼を思わせる大胸筋に、ささくれだった岩のような拳。それらを支える腹筋は、見立てでは凹凸明らかに割れているだろう。大樹の根のごとく、足

もっとみる