逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

625

We“can't”sleep:保安官補佐パトリックの覚書  『Snake oil ①』

 イリノイ、クインシーから馬で半日ほどの郊外。ぽつんと立つ小屋を見下ろす丘の上。
 俺は退屈に耐えていた。

「しかしだ、またガセじゃないのかね」

 何杯目だかわからない安コーヒーを啜り、ぼやく。

「気を抜くなよぉ、パット」

 大男のオリバーが愛用のコルトを磨きながら言う。

「“we never sleep”。それに、ハルとジョンが戻る頃合いだよ」

 得意げな顔。神はこの男にユーモアセン

もっとみる
大変お世話になっております。感謝いたします。