逆噴射小説大賞2019:エントリー作品

627

鏡飆〈かがみ〉の技代記〈テクノクル〉

 天涙はいよいよ極まってきた。横殴りにざあざあと叩く滴は、撥水加工を施した飛貂のコートの上からでも痛みを伴う程で、イカィツ・ウメアはその瑠璃色の瞳孔をきゅっと細めた。
 視覚でも〝歯〟覚でも、視える世界は漆黒の高密度な泣雲の塊で、ウメアに対してこっちに来るなと哭いて拒絶をするのだった。
 この泣雲海を、横断する。
 それも飛行機で。
 空前にして、これから続く全ての飛行機乗りへと繋がる大業績になる

もっとみる
いっぱいちゅき……
27