逆噴射小説大賞2020応募作品収集マガジン

717
固定された記事

2020年10月に「第3回逆噴射小説大賞」を開催します

“おれがこれから始めようとしているのは、予測変換やAIの力が及ばない世界、つまり血肉が通っ…

シン・セカイ

ノックの音は軽い上品なもの。理由はないが、女性だろうとカツキは思った。だるい体を起こし、…

シン・セカイ b

サン・ジェルマンの足元には、キッズのフットボール。 年長者達の心配を余所に、サン・ジェル…

シン・セカイ c

夜の湾岸道路は、普段から交通量が少なく、街灯も疎ら。その夜は、逃げる者と追う者以外に誰も…

新・世界秩序 (シン・セカイ)

古くはキャピタルとして栄えていた場所だからだろう。観光客の為に昔ながらの木造建物を多く残…

シン・セカイは存在しない

「Hey Siri私がこの世にいるという事はどういう事ですか?」 こんな質問をデバイスにするなん…