逆噴射小説大賞2020応募作品収集マガジン

717
固定された記事

2020年10月に「第3回逆噴射小説大賞」を開催します

“おれがこれから始めようとしているのは、予測変換やAIの力が及ばない世界、つまり血肉が通っ…

ブロークンアロー

 姉妹は眠りに就くべきだと、カレアは思った。救済は人間の虚妄だとしても、眠りだけは確かに…

フェイス・マスカレード

 薄ら白い花明かりで満たされた、真夜中の公園をわたしは歩く。ときおり、白い花びらと涼やか…

名前のない罪

 吸い込まれてしまいそうな青い空だったことを、セレーネは覚えている。その日、幼いセレーネ…