逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1
記事

爆発するストレッサー

KBAM!破裂音とほぼ同時に、隣からピシャリと赤い飛沫が飛び散ってきた。

「?」

条件反射的に振り向くと、隣に座っていた加藤主任の頭がない。

「えっ」

 KBAM!続けて向かいの席に座っていた田中先輩の頭が、一瞬チューリップみたいなシルエットになって消えた。

「ちょ」

 俺はPC越しに斜め前の西野リーダーを見やる。彼は上半身を血で赤黒く染めて、全身で呼吸をしていた。赤の中に限界まで見開

もっとみる
🍎ユアーウェルカム🍏
20