逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

杉並区の武器屋さん

俺みたいな奴は、就職は愚か、バイトも出来やしない。
 だから自分の店を始める事にした。
 俺はスイカが好きだ。
 自分の好きな物なら仕事にできるはずだ。
 早速、スーパーや八百屋でスイカを買ってきて、自分のアパートの前で売り始めた。
 全然売れない。
 もうだめだ。
 3日頑張ったが、俺はスイカ屋を廃業した。

 次に俺は武器屋を始める事にした。
「ここは武器の店だ」
「さっそく装備するかい?

もっとみる