逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1
記事

拾ったヒキニートを飼っています。

「ただいま!」

帰りが遅くなった。
居間に入るとあの娘はモニタに向かったまま右手を上げて

「おつか~」

スピーカーからは変換された野太い声で
「オツカー、ソロソロオチルワ」の声。

「お?リーダーもしかしてコレから…?」
「リア充死ね!」
「ただいまって彼女の声?もっと聞かせて~!」

「ウッサイ、シネ!」VC切断。

私は後ろから彼女に抱き付く。モフモふ…ん?

「こらっ!昨日お風呂入って

もっとみる
【シルバートロフィーを獲得しました】
12