逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

Hanged-Men ハンドマン

銃声がして、振り向くとカウンターの男が死んでいた。

 「ウイスキーを一杯。何も混ぜないでいい」

 死んだ男は、自分の脳漿が混ざったグラスを、痙攣する手で握りしめている。煙を上げるスミス&ウエッスンを持った男が、それを死体から奪い鼻元へ運んだ。

 「バーボンを脳漿で割ったカクテル。"ペヨーテ"の好物として有名だな」

 私は男に注文通りの一杯を差し出す。だが男は受け取らない。

 「"ハンドマ

もっとみる