逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

この世と俺らの境界線

奴らの領域が膨張し、包囲網は突破された。

 肥満児は、長い木の棒で警官の腹を易々と貫く。
「う……お?」
——馬鹿な?
 こんなせいぜい小学5年の子供が?
 防刃ジャケットをあんな木の棒で?
 銃弾は命中したのに平気なのか?
 警官の頭を、数々の疑問が一瞬で過ぎり、激痛が疑問を追い出した。
 だがその痛みもすぐに消えた。
 警官の身体は、見る見るうちに制服ごと小さくなり、茶色い塊へと変貌する。

もっとみる