逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

シューターの憂鬱〜マッスル☆みんち編

「おい!大丈夫なのかオマエ」ごりっ、とパンクファッションの女の頭に銃口を押し付けるが「……」ピュピュン、ボカンボカン!女は意に介さずシューティングゲーム《マッスル☆みんち》に興じている。手元にはメモ帳があり「218,750」の文字。意味不明だ。「クソッ…オマエで最後なんだぞ」足元には死体。頭部が吹っ飛んでいる。

そのゲームセンターにいる客はおれたちと“ヤツら”だけ。銃口はおれにも向いてる。女は

もっとみる
ありがとうございます!電子ハグを貴方に!
8