逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

【CORONAは誰の手に】第1回逆噴射小説大賞:一次選考&二次選考結果の発表です!

お待たせしました! CORONAとドリトスを手にするため、約1900もの作品が集まった第1回「逆噴射小説大賞」の一次選考、および二次選考が、ここに終了いたしました。改めて、たくさんのご参加(投稿+スキ+紹介)、本当にありがとうございました! 

逆噴射聡一郎先生によれば、今回のパルプ小説大賞設立の理由は「毎日がプラクティス・・・・そのための場・・・・イクォール・・・MEXICO・・・・」とのこと。

もっとみる
🍣<キャバァーン!(電子音)
126

noteで開催の逆噴射小説大賞、最終応募数は1900作品を超えました! エントリー確認期間は11月1日〜8日まで!

CORONAビール1カートンと栄誉をめざし、小説の冒頭400文字でしのぎをけずる「逆噴射小説大賞」。ダイハードテイルズがnote上で呼びかけて開催した自主イベントですが、なんと開催10月第2週から月末までの応募期間で1900作品以上もの応募が集まりました! ありがとうございます!

1900作品とは

これはものすごい数字ですよ。1つ400文字としてざっくり計算すると、76万文字。一般的な文庫本の

もっとみる
🍣<キャバァーン!(電子音)
65

シャーク・ネゴシエイション!

「出演料と権利の要求だと?」
『は、はい……それで、どうしましょうか……』

大手映画会社の社長の元に飛び込んできた緊急の連絡は明らかに現実的とは思えず、社長は鼻白んだ。

「君、馬鹿なこと言うな。確かに映画界においてサメ映画は一大ジャンルだが……だからといって鮫が人間に交渉しに来る訳ないだろう!」
『で、ですが実際、弊社に今鮫頭の奴が!』
「怪しい相手は警察を呼びなさい。まったく、私にそんな連絡

もっとみる
面白かったですか? それは良かった!
5

トリックオアトリイト

この時期になると思い出す。
奴の名は「トリイト」
遂に奴を逮捕することは叶わなかった。
逮捕されるほどの犯罪はしてないからだ。
奴のやることなすこと全てが「いたずら」止まりだった。
勿論、迷惑防止条例とかで逮捕も可能だったろう。
だが…奴がしたことは大抵、驚かし程度だったり、物が勝手に動いたり。
どれもこれも「いたずら」なんだ。それも手の込んだトリックを使った。

時には、大胆にも有力な政治家とか

もっとみる

読めない物語

       
                     
                                     
 
               
 
    
         
            
  
         
    
                          
  

                   
               

もっとみる

ヒトリシナズ

目が覚めると、私は死んでいた。

今度は胸を一突きか。こういうのは痛いから嫌だ。
起き上がり、深々と突き刺さった剣を抜く。
火の手はもう既に収っている。戦火に巻き込まれるのも慣れた。
ただ、いくら死なない身体とはいっても痛いものは痛い。

死なない。否、死ねない。
私は死ぬ事が出来ない。
クソッタレの悪魔に押し付けられた契約だ。私は死ねない。人類を滅ぼすまで。

周りを見渡す。そこかしこに死体。私

もっとみる

ファイナル相撲レジェンド マスラオ

「はっけよい!」
行司の掛け声と同時に、乙枯山の首が飛ぶ。
これではもう髷も結えまい。
「死んだら終わり」とはよく言ったものだ。

土俵に血が流れる度、土俵は鳴動する。4527人の力士の血を吸い上げた暁には、伝説の力士、横綱を越えし史上唯一の「縦綱」暗剛琉喪亜が蘇る…予言書にはそう書かれている。

本日最後の大一番、横綱倍胡座と大関升羅王の取組すらも予言されたものだ…そしてこの取組が終ったとき、そ

もっとみる

タンハンター すずめ

彼女は喋る事が出来ない。
ただ黙々と「敵」の「舌」を狩る。
それで呪いが解けると信じているのだ。
それは、哀れな事だと思う。

「この穴だ」
森の奥も奥だ。正直言ってもう帰りたい。
この穴への案内は三度も断ったのに、それでも引き受けたのは、彼女の腕前を信頼したからなのだが…。

「…」
手を細かに動かして何かを伝える。よくわからんが、ここで待てという事だろう。大きく頷く。

彼女の腰には多数の「刃

もっとみる

跳人ウサギオー!

現代日本!
今なお続く不況の影、暗躍する悪の気配!
暗黒の時代に輝くは正義の光!
超越の力で悪をなぎ倒せ!
その名はウサギオー!
長い耳で悲鳴を聞き、常人の三倍の脚力で駆け抜けろ!
跳人ウサギオー!跳べ!ウサギオー!

「というわけゴボふ」
兄ちゃんが口を開く前に、蹴りが入っていた。壁を突き抜けるとは思わなかったのでちょっと唖然とした。それで多少は冷静になれたけど、しかしこの状況は…。

「…言う

もっとみる

僕と彼女の滅亡計画

酒を呑み、猫を撫でながら思うのは、なんとも上手くいかないこの人生と世界のことだ。
給料は上がらない。女性との縁もない。猫はかわいい。思わず呟いていた。

「いっそ世界を滅ぼす力か、彼女が欲しい」

膝の上の猫は神妙な顔をしている。「何を言っているんだ」と思っているのだろう。仮に言葉を理解できたとしても「何を言っているんだ」という顔をしている。

まあ、願うくらいでは何も変わらない。神様なんていない

もっとみる