逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1
記事

~ある小説家崩れの日記より~

近頃、とある小説大賞が話題だ。
なんでも、長編小説の冒頭400文字を応募するのだという。
面白い。
400字。ツイート三回分といったところか。常日頃ツイッターに没頭していればたいした数字では内容にも思える。
されど400字。しかもその文字数で書くのは「長編小説の冒頭」。言い換えれば、話のツカミということだろう。
これは難題だ。
物語の冒頭とは、大げさに言えばその物語の全てを決めると言っても良い。そ

もっとみる