逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

マッド料理人ジロウ 世紀末編

「そこまでぇい!」
"ツーヘッド"ウラジミルが奴隷モヒカンの首を刎ねる。

「時間である。我が鉄の同胞トライブの料理人、"脂喰らい"ブーム。よそ者、ジロウ。それぞれ作り上げた飯を出せィ!」



オールドデトロイトのスタジアム跡に詰めかけたモヒカン群衆はもはや狂乱状態だ。今宵は鉄の同胞トライブの年に一度の神聖な祭典。ディナーメントだ。

偉大な族長、ウラジミルを前に、トライブの料理自慢たちが腕を

もっとみる
お前を見ている
30