逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

かわいい我らが子孫

『パワワワン!』足二本を無くした三脚自律兵器は銃弾を吐き出しながら倒れた。すかさず矢を二発撃ち込むと、機体からオイルが噴き出し、動かなくなった。

 矢をつかえながら近づき、機械が完全に死んだと確認し、一息ついて弓を下ろした。次の自律兵器が来るまであと二時間。僕は機械が守っていた遺産に進み、MALEと神代文字で書いた入口を潜った。これぐらい辞典がなくても解る。

「わっ」目の前に映る光景に、僕は思

もっとみる

アニー・ドギーバッグ

トイレだ。向かって右が男性用、左が女性用。ハイヒールをカツンと鳴らし、迷わず右へ。
「おい姉ちゃん、こっちは違」POW!小便中の酔っぱらいを黙らせ、一番奥の個室の前へ。
POWPOWPOWPOWPOW!「ギャッ!?」ドアも開けず蜂の巣。クソしながら死んでろ。五人目。



宵闇。中華街の袋小路。追い詰めた。
「見つけたよ、ゲドン。ゴミにまみれて死ね」
「誤解だよ、アニー。君の妹を」
POW!銃弾

もっとみる
ブッダがあなたに加護を与えるでしょう。
8