逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

夜の校舎には怪人が出る

夜の校舎の上、満月の中を踊る様に飛ぶ影が一つ。その姿は人の輪郭をしていたけど、背中には翼があり、どう見ても人間ではない異形の怪物だった。だけど美しいと思った。だから彼女の名前は美鳥なんだと、多分間違った納得をしてしまう程に。

「君も一緒に、どう?」

 美鳥先輩が降りてきて、僕に手を差し伸べてきた。表情を作れない人外の顔が、優しげに微笑んでいた。

 ◆

 みんなが知らない隠された真実。世界征

もっとみる