逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

ハロウィンナイト・コー!ホー!

 ハロウィンは祭では無い。商戦だ。セールス・コンピューターと呼ばれる俺の仕事はこの戦いを制することである。

「…という訳で暫く忙しい」

「ふざけんな!」

木杭が撃ち込まれるが、難なく躱す。

「分かってるのか!?私たちはモンスターなんだぞ!?」

「だから?」

「絶対ハロウィンの人気者になれるだろ!」

オオカミ女の妻 シーラはイベント好きだ。今回も随分はしゃいでるようだ。

「シーラ、こ

もっとみる
心が軽くなります。
3

『八雲異界風土記』より「加賀の潜戸(かかのくけど)」

「お待ちしておりました。ハーン殿」

明治二十四年九月。ラフカディオ・ハーンは松平不昧に出会った。



島根半島。日本海に面した複雑な海岸に、海蝕洞「加賀の潜戸」はある。出雲国風土記には、ある神の誕生した地と記される。ハーンと妻セツは舟を借り、車夫と船頭の老夫婦と共に、まずここを訪れた。「髪の毛三本動かすほどの風が吹けば舟は出せぬ」と言われる難所だ。幸いに無事着き、神々しい景観を堪能して通り過

もっとみる
スキ、リスペクト、スキ!
7

大天狗国(テングリア)

チンギス・カンは天狗だった。この事実を知った時、私は目が眩み、膝が震えるのを感じた。だが、考えてみればわかる。源義経は天狗に武芸を習った。彼が大陸に渡り、チンギス・カンとなった。この有名な二つの伝説から、自ずと結論は導かれる。チンギス・カンは天狗だったのだと。

義経は天狗に成っていたのだ。星々の海から降臨した大魔王に。その超常的な力は海に嵐を起こし、アイアンゴーレムを操り、富士山を噴火させたとい

もっとみる
あなたに大きなスシとCORONAを!
24